\n

介護

要介護状態にある配偶者(事実婚を含む。)、父母、子、配偶者の父母と同居しかつ扶養している祖父母、兄弟姉妹、孫を介護するために休業できる制度に利用できます

介護

要介護状態にある配偶者(事実婚を含む。)、父母、子、配偶者の父母と同居しかつ扶養している祖父母、兄弟姉妹、孫を介護するために休業できる制度に利用できます

« 利用規約

Microsoft® Office編はこちらからどうぞ

介護休業申請書

申請日平成年月日、申請者部課、氏名印、介護休業に係る状況、2本人との続柄、3家族が祖父母、兄弟姉妹、孫である場合、同居扶養の状況、同居扶養している・していない、4介護を必要とする理由、休業の期間、31休業開始予定日の2週間前に申し出ている・いない、申出に係る状況→申出が遅れた理由、21と同じ家族について介護休業をしたことがない・ある、年月日から年月日まで、→再度の休業の理由、31と同じ家族について介護休業の申出を撤回したことがない・ある、→再度申出の理由、41の家族についてのこれまでの介護休業及び介護短時間勤務の日数

介護休業申請書

申請日平成年月日、申請者部課、氏名、記、(1)氏名、(2)本人との続柄、1休業に係る家族の状況、(3)家族が祖父母、兄弟姉妹、孫である場合、同居扶養の状況、同居し扶養をしている・していない、(4)介護を必要とする理由、2休業の期間、年月日から年月日まで、いる・いない、(1)休業開始予定日の2週、間前に申し出ている、→申出が遅れた理由、ない・ある→年月日から、(2)1の家族の同一の要介、護常態について介護休業をし年月日まで、たことが再度の休業の理由、3申出に係る状況、ない・ある、(3)1の家族の同一に要介、護常態について介護休業の申出を撤回したことが、→再度申出の理由、(4)1の家族についてのこれまでの介護休業及び介護短時間勤務の日数

育児・介護(半日勤務)・短時間勤務申請書

申請日、平成年月日、所属、氏名、印、育児休業規程第条、の規定に基づき、下記のとおり申し出ます、介護休業規程第条、記、養育する子供または、被介護者、氏名、生年月日、年月日、続柄、期間、年月日から年月日まで、1半日勤務午前勤務・午後勤務、2短時間勤務時間から時間、希望勤務、養育または介護事由、所属部、部長、課長、担当

介護休業申請書

申請日、平成年月日、所属、氏名、印、介護休業規程第条の規定に基づき、下記のとおり介護休業の取得の申し出をします、記、氏名、被介護者、生年月日、年月日、続柄、年月日から、介護期間、年月日まで、所属部、部長、課長、担当

介護短時間勤務申出書

[申出日]平成年月日、所属名:、氏名:印、私は、育児介護休業規程第条に基づき、下記のとおり介護短時間勤務の申出をします、記、(1)氏名、(2)本人との続柄、1短時間勤務に係る、家族の状況、(3)家族が祖父母、兄弟姉妹、孫である場合、同居、扶養の状況、同居し扶養をしている・していない、(4)介護を必要とする理由、2短時間勤務の期間、(1)短時間勤務予定日の2週間前に、(2)1の家族の同一の要介護状態について短時間勤務をしたことがない・ある、3申出に係る状況、(3)1の家族の同一の要介護状態について短時間勤務の申出を撤したことが、(4)1と同じ家族についてこれまでの介護休業および介護短時間勤務の日数

短期介護休暇管理簿

所属、職名、氏名、要介護者の状況、要介護者氏名、介護が必要になった時期、続柄、要介護者の状態、備考、変更日、要介護者数(人)、付与日数(日)、付与日数変更理由、要介護者、休暇取得期間等、要介護者名、休暇取得期間、残日(時間)数等、取得日(時間)数、確認者欄(印又はサイン)

介護休業申出書

殿、申出日、申出者、氏名、部、課、印、記、本人との続柄、休業に係る家族の状況、家族が祖父母、兄弟姉妹、孫である場合、同居、扶養の状況、同居し扶養を、している・していない、介護を必要とする理由、休業の期間、休業開始予定日の 2 週間前に申し出て、 いる・いない→申出が遅れた理由、申出に係る状況、1 の家族の同一の要介護状態について介護休業、をしたことが ない・ある→平成 再度の休業の理由、1 の家族の同一の要介護状態について介護休業、の申出を撤回したことが ない・ある→再度申出の理由、1 の家族についてのこれまでの介護休業及び介護短時間勤務の日数

介護休業申請書
介護休業申請書1
介護休業申請書
介護休業申請書2
育児・介護(半日勤務)・短時間勤務申請書
育児・介護(半日勤務)・短時間勤務申請書3
介護休業申請書
介護休業申請書4
介護短時間勤務申出書
介護短時間勤務申出書5
短期介護休暇管理簿
短期介護休暇管理簿6
介護休業申出書
介護休業申出書7

関連サイト