\n

慶弔

結婚・出産、葬式等の報告に使用します

follow us in feedly

慶弔

結婚・出産、葬式等の報告に使用します

フォローする

« 利用規約

Microsoft® Office編はこちらからどうぞ

慶弔報告書(訃報)

年、月、日、各位、訃報、下記の通り報告いたします、お名前、様、歳、会社・社長、日時、ご自宅にて、老衰のためご逝去、お通夜、葬儀場、都道府県、村、電話番号、喪主、告別式、場所は通夜と同じ

慶弔報告書(入院)

年、月、日、課長、入院、下記の通り報告いたします、お名前、様、会社、社長、日時、のため入院、入院先、都道府県、市町村、病院、電話電号、備考

慶弔報告書(結婚)

課長、結婚、下記の通り報告いたします、会社名、部職名、部、課、氏名、相手、贈呈、祝い金、万円 (社長名)、方法、日時、場所、都道府県、村、電話番号、備考

慶弔報告書(昇格)

年、月、日、課長、昇格、下記の通り報告いたします、会社名、氏名、内容、に昇格、贈呈、祝い金、万円 (社長名)、祝い品、持参、備考

弔事報告書

年、月、日、報告者、弔事報告書、故人氏名、様、享年、歳、続柄、(義)父、(義)母、祖父、祖母、配偶者、子供、亡くなられた日時、死因、氏名、喪主、先、電話、日付、時間、通夜、場所、自宅、斎場、都道府県、市町村、電話、告別式、場所、自宅、斎場、備考

訃報

報告日、平成年月日、報告者、尊父様、病気、享年、永眠、ご冥福、通夜、午後時分より、葬儀及び告別式、にて、喪主、その他、以上

社葬準備チェックリスト

式場、密葬通夜、葬儀告別式、社葬通夜、社葬告別式、通夜供養、告別式供養、通知状、礼状、公益社手配、香典、会社からの供花、弔辞、弔電、焼香順位、親族、葬儀本部、式次第、遺骨、勲記、位記、喪章、客僧、司会者

社葬打ち合わせ書(担当者用)

故、殿、通夜、葬儀、氏名、告別式、決定事項、銘旗、式中写真、喪主、葬儀委員長、故位霊等柩、供物、外部特設、ハイヤー、玉串・献花本、茶菓子、通知状、決定事項、供花、定紋、遺影、社名、礼状、看板、式次第呼出票、徽章警察

社葬会社と葬儀社の打ち合わせ項目

日時、総指揮者、死亡広告、社外から弔慰等の応対、社内通達、要員関係、弔辞、ご遺族会社側単独焼香、当日の服装、喪主または親族代表挨拶者、式進行順序の概略、葬儀社、寺院、飾り付その他準備事項、ご遺族関係

慶弔申請連絡書

年月日、相手先、会社名、氏名、相手先との関係、役職、連絡先、電話、葬儀社名、会場名、知らせてくれた方、住所、電話、所在地、地図、取引状況、取引内容、取引先との立場、個人、社葬、結婚、出産、長寿、入学、災害、不可、通夜、団体、葬儀

お葬式便利帳(情報整理)

氏名、生年月日、満歳、住所、家紋、宗旨・宗派、名称、菩提寺、連絡先、喪主予定、個人情報、施主予定、趣味・略歴、まわりの方々について、家族、親戚、親しい友人、知人、仕事関係、ご近所の方、合計

お葬式要望整理シート

形式、宗教者、希望斎場、斎場の立地、搬送先、規模(人数)、祭壇、予算(葬儀全体)、その他(要望を記入)

葬儀社問い合わせシート

葬儀社さんの評価、基準はとてもシンプル、問い合わせ日、葬儀社名、担当者名、対応チェック、葬儀社と実際に話したときの対応、話し方、説明内容、見積り対応、総合、その他注意点、お葬式の内容や金額だけではなく、担当者の人柄や雰囲気

慶弔事届

年月日所、属、氏名、事由、備考特記事項・添付書類等、内容、結婚、本人、配偶者氏名、挙式日、婚姻日、挙式場所、改姓名、結婚、子女氏名、続柄才、挙式日、挙式場所、出生年月日、配偶者、出生者氏名、続柄、第子、入学者氏名、学校名、入学年月日、家族死亡、傷病、死亡者氏名、死亡年月日才、続柄同居別居、病名、入院療養期間、入院先名、災害事由、災害の程度、その他、上記の理由により慶弔見舞金規程に従って、下記の金額を支給いたします、上記の金額正に受領いたしました

慶弔見舞金支給申請書

届出年月日、年月日、所属、申請者、印、下記により、慶弔見舞金の支給をお願いいたします。記、1.受給者所属氏名、所属、入社年月日年月日、氏名、退職年月日年月日、2.種類(○印を記入)、結婚祝金、死亡弔慰金、出産祝金、葬祭料、疾病見舞金災害見舞金、3.支給事由及び発生日時(詳細を対象者等がわかるように記入する)、4.支給額、申請者記入、総務記入、円、5.備考、円

死亡届

提出日、年月日、所属、社員番号、氏名、この度、以下の通りに死亡通知方々、お届けいたします。死亡年月日、氏名、本人との続柄、事由、扶養家族に異動が生じたため、扶養家族異動届を併せて提出いたします。備考、担当部長、担当課長

死亡届

年月日、提出者、部、印、下記の通りお届けいたします。本人、記入欄、死亡者名、同生年月日、(歳)、続柄、死亡年月日、死亡原因、課、記入欄、弔慰金、生花代 家族埋葬料、埋葬料(費) 備考、所属部長 所属課長、所属長

死亡届

年月日、提出者、部、印、下記の通りお届けいたします。記、所属部署、職名、資格、氏名、歳、生年月日、年月日生、原因、死亡年月日、場所、届出遺族、住所、印、続柄、以上、添付書類、戸籍抄本、所属部長 所属課長、所属長

特別休暇届

社長、専務、所属長、届出年月日:平成年月日、所属:部課、社員番号:、氏名:印、以下のとおり届出致します。事項、慶事、弔事、その他、平成年月日から、平成年月日まで、期間、理由、緊急連絡先、備考、日間

儀礼交際費規程

(趣旨)、この規程は、(以下「本会」という。)と直接関連する慶事、弔慰、見舞い等儀礼交際に関する基準を定めるものである。(儀礼交際の範囲)、儀礼交際費を支出できる対象は会員とし、慶事・弔慰・見舞いとする。2 別表に当てはまらないものについては、執行役員会でその都度定める。(支出金額の基準)、支出金額は、1 件につき 1 万円以内とする。(経費の支出)、経費の支払いは、支払い証明書をもって行い、会長決済で処理する。(経費の支出は、資金前渡により処理する)(規程の変更)、この規程は、理事会の議決がなければ変更できない。

慶弔規程

趣旨、第1条この規程は、以下、協会運営と直接関係する慶事、弔慰等儀礼交際に関する基準を定めるものとする。儀礼交際の範囲、第2条儀礼交際費を支給できる対象は、別表に掲げる範囲内とする。2慶事及び別表にあてはまらないものについては、理事会の判断でその都度定める。支給金額の基準、第3条支給金額は、1件に付き10,000円以内とする。規程の変更、第4条この規程は、理事会の議決がなければ変更できない。附則、この規程は、施行する。別表(第2条関係)、支出項目、支出対象、弔慰、協会、賛助会員代表者、本人、顧問、関係団体、代表者

お葬式の準備と心得チェックリスト

事前(医師より死期間近である事を宣告された時)、家族会議、喪主、誰、病院より解剖の要請があった場合、葬儀委員長、人選、葬儀で遺影に使う写真、連絡先、ご遺体を安置する部屋、室内を整理、浴衣・布団・シーツ(白無地)、家紋、喪服などを確認・整理、副葬品を整理、予想される人数と式場との兼ね合い、式場を相談、菩提寺、予算を相談、生花・花環、寝台車の手配、葬儀(死去の連絡が入った場合)、近親者に連絡、葬儀社に連絡、菩提寺に連絡、ご遺体の搬送、死亡診断書、枕経、ご納棺の日時、親族・会社、分骨、遺影、会葬礼状の文案・枚数、返礼品、篭入生花・造花花環、通夜・初七日後のお斉(とき)や飲み物、家紋、不祝儀に付き物の心付け、出棺時の挨拶や初七日後のお斉の際の挨拶・献杯、事後(葬儀が終わってからご納骨までの手配・その他)、初七日法要、中陰飾り、忌中払い(お斉)、納骨は正式には七七日忌(四十九日)、納骨の日時と精進落とし、卒塔婆の依頼、霊園管理事務所または石材店、精進落としの場所、参会者への日時・場所の連絡および出欠の確認、マイクロバスが必要な場合は早めに、精進落としの席についたらまず喪主がご挨拶、納骨後、葬儀社に連絡して中陰飾り

慶弔報告書(訃報)
慶弔報告書(訃報)1
慶弔報告書(入院)
慶弔報告書(入院)2
慶弔報告書(結婚)
慶弔報告書(結婚)3
慶弔報告書(昇格)
慶弔報告書(昇格)4
弔事報告書
弔事報告書5
訃報
訃報6
社葬準備チェックリスト
社葬準備チェックリスト7
社葬打ち合わせ書(担当者用)
社葬打ち合わせ書(担当者用)8
社葬会社と葬儀社の打ち合わせ項目
社葬会社と葬儀社の打ち合わせ項目9
慶弔申請連絡書
慶弔申請連絡書10
お葬式便利帳(情報整理)
お葬式便利帳(情報整理)11
お葬式要望整理シート
お葬式要望整理シート12
葬儀社問い合わせシート
葬儀社問い合わせシート13
慶弔事届
慶弔事届14
慶弔見舞金支給申請書
慶弔見舞金支給申請書15
死亡届
死亡届16

関連サイト





関連サイト